カードローン審査の時に依存症だと判断されてします場合は?

カードローン審査をするときに、複数の業者から借りては返すのを繰り返している場合には、依存症を疑われてしまいます。
多重債務者問題から、貸金業法が改正され、消費者金融では年収の1/3を超える借り入れが出来ないという、総量規制の対象になりました。
このようにして返済能力を超えた借り入れが簡単にできないように法律が整備されたのです。
その代わり、規制の対象外の銀行のカードローンで、簡単に低金利で契約出来るカードローンに注目が集まっています。
カードローンは手軽に借りることが出来て便利ですが、必ず返さなければいけないお金であることも確かです。
収入の範囲内でやりくりできるようにやりくりを工夫するとことも大切です。
依存症に陥らないように収支をコントロールすることも大切です。
カードローンの借入れ方法は?申し込み手順を整理!【審査通りやすい?】