国民年金保険料が免除になるケースとは?

国民年金保険料は、定められた金額よりも所得が低いなどして生活が困難な場合、全額もしくは一部を免除してもらうことが出来るのですが、その免除された数年分の年金というのは、どのようになるのでしょうか。
免除してもらえるのはとても喜ばしいことでもあるのですが、国民年金保険料を支払っていなかった数年分がどうなるのか、そこが多くのかたの知りたいところですよね。
もちろん、きちんと支払い続けたかたがたと同じように年金をいただくことは出来ません。
が、しかし、国民年金保険料の納付を免除された期間の年金額は、保険料を全額納付した場合と比較いたしますと、半分ということに決められています。
免除されていたのに、半分はいただけるということなのですね。
これは大変、ありがたいことですから、もしも、国民年金保険料を支払うことができないほど、生活に困っているのであれば、この制度を利用しない手はありません。
国民年金の加入期間が最低でも25年間ないと、年金を頂くことが出来なくなります。
そのようなことにもならないよう、こういった制度があるわけですね。
もしも、ご友人やお知り合いのかたで、国民年金保険料の支払いに困っているかたがいらっしゃいましたら、どうぞ、免除という方法があるということをおしえてあげてくださいね。