クレジットカード審査と総量規制の関係

クレジットカードの審査は、ある程度の継続した収入のある成人であれば、基本的に通ることができます。
しかし、その条件を満たしているにも関わらず、何度受けても通ることができないという人もいます。
そういう人は、落ちる理由がどこにあるのかを、収入や年齢以外の面で考えてみましょう。
まずは他社からのキャッシングなどによる借入れ金額がいくらあるかをチェックしてみてください。
もしも年収の3分の1を上回るほどの借入れがある場合には、総量規制という法律により、これ以上の借入れをおこなうことができません。
したがってクレジットカードの審査でも落とされてしまうのです。
また、借入れ金額が年収の3分の1未満であったとしても、その返済が滞っている場合には、やはり落とされてしまいます。
返済能力がない人物であるとみなされてしまうからです。
さらに、短期間に何度もクレジットカードの申し込みを繰り返している人もまた、それだけお金に困っている人物であるとみなされ、返済を滞らせるのではないかと怪しまれてしまいます。
このように、収入や年齢以外にも審査に落ちる理由は色々とあるのです。
クレジットカード審査落ちる理由の口コミ