医療脱毛の仕組みとは?

レーザーを照射することでムダ毛を処理できるのが、医療脱毛の特徴です。
レーザーを照射することで脱毛ができるのは、どうしてなのでしょうか。
医療用レーザーを肌にあてると、黒い箇所に熱が集中します。
毛根には毛母細胞という、新しい毛を作る部分があります。
ここに熱が集まることで、ムダ毛が生えなくなります。
メラニン色素のない部分は、一時的に熱が集まりますが、すぐに冷めます。
毛母細胞のように破壊されることがありません。
メラニン色素の作用で皮膚が黒くなっていると、そこにも熱が集まるためレーザー脱毛ができません。
日焼けやほくろ、乳首などです。
施術前にスキンチェックを受けることで、レーザー脱毛を受けることができるかがわかります。
メラニン色素の量が少ない、うぶ毛は毛根を破壊するほどの熱を集中させることができません。
ただし、今後の技術発展によっては、メラニン色素の少ないうぶ毛でも脱毛ができるようなレーザー光ができるかもしれません。
体毛はすぐに再生する性質があり、きちんと破壊しなければあっという間に再生します。
毛母細胞を破壊するといっても、あまりに強い出力でレーザーを照射すると肌を傷めてしまう可能性があります。
毛根にだけ作用し、皮膚には影響がないように、レーザーの強さや照射時間を検討した上で医療脱毛は行われますから、心配することはありません。